2020.6.20
希望をもつ
佐藤賢太郎

第二回「奥阿賀国際アートフェスタ」が新聞に掲載されました。そのこともあってか、このたび総務省の「ふるさとづくり大賞」表彰に阿賀町より私たちが推薦されました。しかし新潟県でベストワンにならなければ、私たちの行いは総務省までノミネートできません。先年、国土交通省より私たちは全国ベスト8にノミネートされましたが、受賞できませんでした。
 私達の行為は、いい線(国からも認められる)まで行っていることは確かです。今回は具体的に後継者にふさわしい人が現れました。大きいことです。彼は礼儀正しく、考えもしっかりしています。しかし、18歳と若いです。未知の部分もあります。国籍の問題もあります。

 私達と書きましたが、私の後継者になることは大変難しいと思います。何でも完璧に解って、理解して行動するとしたら、その人は一生何もできません。だから、有名大学に入学して大企業に就職、あるいは官僚になるかもしれませんが確かなものではありません。幸せとは、社会的な安定と経済的な豊かさではありません。金銭は必要ですが、その人にとって豊かな暮らしとはなりません。私はそう思っています。幸せは人と共に仕合せになる、希望がある事です。だから肉体的能力は衰えても、私は今が最高に仕合せです。